なにかのきろく

ひっそりと戻ってきて自分のためになるべく頑張る・・・

DataStagePXの知見を持った人がTalend(ETL)をインストールする

今回はみんな大好きTalendをインストールしてみようと思います。

ですが、
よく考えたらインストールなんて他のページ見ればわかる。恐らく。
ははっ。
なんですが、一応このコンテンツを扱おうと思うので書きます。

※ーーーーーーーかんきょーーーーーーー※
・Windows7Pro 64bitオペレーティングシステム
・メモリ 8GB、CPU Corei5
java version "1.7.0_79"
 Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_79-b15)
 Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 24.79-b02, mixed mode)
※ーーーーーーーかんきょーーーーーーー※

 

ここから手順です。
1.https://jp.talend.com/でダウンロードする。
  私は純粋な日本人なので日本語のページをロードするww

  1-1.ホームページのメニューにある「ダウンロード」を押下する。
  1-2.ページ中段くらいにオープンソース製品ある。
  1-3.「データ統合」の「ダウンロード」を選択する!
  1-4.画面に従って「Open Studio for Data Integraion」をダウンロードする。

 

2.Talendをインストール!

  2-1.Zipがあるから好きな解凍ツールで解凍する。

 

3.Talendを起動☆

  3-1.解凍フォルダにある「TOS_DI-win-x86_64.exe」を実行だ!
  3-2.そうすると凄くエラー出ます!

      f:id:seyoshinori:20160527202910p:plain

J2SE8を使えよって凄く怒られます。
今回は、J2SE7を貫くので「Talend5.6」をダウンロードし直す。

 f:id:seyoshinori:20160527202813p:plain

上記、1-3.に戻る。

2.(後戻り)Talendをインストール!!

  2-1.「TOS_DI-Win32-20160127_1448-V5.6.3.exe」を実行する。
      雰囲気でインストールできます。
  2-2.Talendのセットアップが始まります。
      私はデモは利用せずに新規プロジェクト「PANDA」を作りました。

3.(再挑戦)Talendを起動★

  3-1.リポジトリにジョブを作ります「Test」にしちゃいました。
  3-2.すると画面右に「パレット」が出てきます。
      これがTalendのコンポーネント群です。

      f:id:seyoshinori:20160527202940p:plain

Talendのインストールは以上です。
私はDataStagePXというETLツールの経験があります。
DataStageで言うところの「Transformer」は「tMap」
DataStageで言うところの「Lookup」は「tJoin」
DataStageで言うところの「Join」は「tMap」って感じでしょうか。
ホームページからマニュアル(英語)もダウンロードできる。

最後にコンポーネントを配置した感じです。
コンポーネント内の設定はまだです。

次回はその辺を・・・。

f:id:seyoshinori:20160527203129p:plain

 

End